My Life

チケット不正転売禁止法について

チケット不正転売禁止法

チケット不正転売禁止法が令和元年6月14日に施行された。

不正に転売すると1年以下の懲役、100万円以下の罰金が科される。

果たして、これが健全な法令なのか?検証したいと思います。

 

 

 

チケット不正転売禁止法の概要

①原則

不正転売目的の譲受けの禁止

何人も、特定興行入場券の不正転売を目的として特定興行入場券を譲り受けてはならない

②特定興行入場券とは

特定興行入場券 ※QRコードやICカードを入場券とする場合を含む

興行入場券(それを提示することにより興行を行う場所に入場することができる証票)であって、不特定又は多数の者に販売され、かつ、

①興行主等が、販売時に、興行主の同意のない有償譲渡を禁止する旨を明示し、かつ、その旨を当該入場券の券面等に表示し

②興行が行われる特定の日時及び場所並びに入場資格者又は座席が指定され

③興行主等が、販売時に、入場資格者又は購入者の氏名及び連絡先を確認する措置を講じ、かつ、その旨を当該入場券の券面等に表示しているもの

ポイントとしてはチケットに有償譲渡を禁止する旨を必ず書き、かつ、入場する人の名前と座席をを指定していなければいけないものです。

 

 

 

不正転売の定義

興行主の事前の同意を得ない特定興行入場券の業として行う有償譲渡であって、興行主等の当該特定興行入場券の販売価格を超える価格をその販売価格とするもの

つまり、定価を超える販売は一切認めない法律なのです。

ここで業として行う有償譲渡という事の解釈はどうなるのだろうか?

解釈としては止む得ない事情での有償譲渡は対象外となるが、複数回やると譲渡とみなされる可能性が有るので、例え個人であっても油断してはいけないと思います。

 

 

 

これは本当に良い法律なのか?

個人的な意見ですが、興行主が需要と供給のバランスを調整しない限り、全く意味が無い法律かと思います。

人気が無い興行には高値は絶対付かない。人気がある興行は追加公演や会場の大規模化で需要に応えるのが興行主の責任です。

その責任を果たさないで、罰則だけを付け加えるのなら、この業界は長く無いと思う。

野球やサッカーのように決まった日程があり、それ以上の供給が出来ない興行については興行主がしっかりとファンにチケットが届くように透明化する必要が有ると思う。

一昔前は、チケットぴあやチケットセゾンのカウンターに徹夜で並び、自力でチケットを入手する事が可能だった。

ある程度、労力をかければ、なんとかなったものだ。

しかし、インターネットの世界になり、チケットは何処へ行ってしまったのか?

チケットを購入するプロセスは簡単になったが、欲しい人に届かなくなったのが問題だと思います。

 

 

 

私たちはどう対処すれば良いの?

今のところ、購入した人は罰せられない法律です。売ったほうが罰せられるので、買う人はあまり気にする必要は無いと思います。

しかし、僕もよくありますが、都合で行けなくなった時の売却については注意する必要が有ります。

悪意を持った転売でなくても、発券手数料などを上乗せしただけでも定価より高くなってしまうので、注意が必要です。

 

 

 

興行主への提案

  • 需要と供給に見合った興行の計画を行ってもらいたい
  • 送料や発券手数料は興行主が負担するべきものであり、定価に含めていただきたい。購入者を犯罪者にしない努力をしてもらいたい。
  • 何よりもチケットを購入する人をお客様として扱って頂きたい

最後の提案については、皆さんが思う事だとお思う。彼らが定義する不正購入だとしても購入した人はお客様なんです。

その意識が無い限り、この様な法律が出来ても企業努力が無い興行主は淘汰されるだろう。

よくオフィシャルで高いチケットを販売するケースが有ります。興行主は高値転売を止めさせたいなら、自ら高値のチケットを発売する事はやめるべきだと思う。

せっかく法律を作ったのだから、有償の会員に取れるかどうかもわからない金の集め方は自重した方が賢明だと思う。有償で別途にお金を集めたいならば、チケットを必ず取れる保証を付けるべきだと思います。

ファンクラブについても同様です。有償で優先販売を行うなら、有償メンバーには必ず保証を付けるべきで、有償の会員になる時にしっかりとした身分保証を行い、転売を自らの手で防止するべきだと思います。

現時点では、興行主の努力は全く無いので、このままではファンは離れると思います。

法案が出来たことで、業界が健全な方向に向きたいならば、販売する方も購入する方もお互いに努力しなければ、絶対に転売は消え無いと思います。

僕は幸いにも大人気アーティストのファンでは無いので、チケットを入手する苦しみは滅多に出会うことは無いけど、実に矛盾した法律に戸惑っているのは確かです。

皆さん、モラルは守れますか?

高値で売られているチケットは絶対に買わない

これが守らられ無い限り、問題は解決しないだろうなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です